くじ引き

遊戯王 BFについてとか

閃刀出張セット

 間もなく発売されるダーク・セイヴァーズ収録の新テーマ、閃刀

 カード群を見ると純構築でも環境に食い込みそうな予感があるが、この中のいくつかが出張セットとして有用ではないか、と感じまとめてみたいと思った次第。

 個人的出張要員のみまとめるので、それ以外のカードも考察したいのならば別のところで、載せないがマルチロール、エリアゼロ、レイなどを入れると変わった動きができるかもしれない。

 

その1

閃刀起動せんとうきどう-エンゲージ》 

通常魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
自分はデッキから1枚ドローできる。

典型的なサーチカード、規制されるとしたらここは鉄板だろう。

こいつの特徴は何といってもターン制限がないこと、出張セットでフルハウスみたいなひどい初手でもない限りは腐らない、どの出張セットでも間違いなく3枚導入されるカード。

今回の考察では第二の効果はほぼ使えない、おまけ程度に思っていて大丈夫だろう

 

その2

閃刀機せんとうき-ホーネットビット》 

速攻魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「閃刀姫トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守0)
1体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはリリースできない。
自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
そのトークンの攻撃力・守備力は1500になる。

トークン生成のカード

こいつもターン制限がなく、メインゾーンになければ使いまわせる便利なカードだろう

エンゲージでこのカードを持ってきて発動、後述のカガリで回収し、再度発動というのが基本的な流れだ

 

その3,4

閃刀姫せんとうき-シズク》 

リンク・効果モンスター
リンク1/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右上】
水属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-シズク」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地の魔法カードの数×100ダウンする。
(2):このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「閃刀」魔法カード1枚を手札に加える。

閃刀姫せんとうきカガリ》 

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左上】
炎属性以外の「閃刀姫」モンスター1体
自分は「閃刀姫-カガリ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードの攻撃力は自分の墓地の魔法カードの数×100アップする。

閃刀のリンクモンスター、主にトークンで出していく。

ホーネットから展開すると、カガリを出したタイミングでメインゾーンにモンスターがいないことになる、よってカガリの効果で回収したエンゲージ(ホーネット)を再使用する、といったものだ

シズクに関しては特に効果を使うわけではないが、この両カードにあっては機械族であるため、この展開の後、チューナーを出し、カガリとハリファイバー、シズクとソーサレスといった形で展開していく。

注意点は、こいつらマーカーが上向きなのでシズクを出すのはハリファイバーが出てからでないといけないこと、結構忘れがち

 

基本展開

上記で説明しているが改めてまとめると

エンゲージ発動ホーネットサーチ

ホーネットでトークン生成、トークンでカガリをリンク召喚

カガリの効果でエンゲージ(ホーネット)を回収、再度発動

 

こうなり、召喚権を使わずモンスター二枚を場に出せる、感覚としてはSR出張セットの上位互換

BFに限らず、召喚権を食い合うようなデッキなら一枚から展開のリソースが出来上がるので万能セットだろう

 

BF出張の利点

 個人的に思うものはうららで展開が止まりにくいこと

 BFは効果に頼らずハリを出すという点で凡そのデッキより優れており、いかにハリファイバーの効果を通せるかが展開の成否を握っていた。

 しかし、この出張セットにより、エンゲージにうららを噛ませたり、針にうららをはじめ無効効果を打たれた際、エンゲージかホーネットを握っていればソーサレスに再度アクセスしたりすることが可能になる。

 うらら前提であえてハリファイバー先出、うららを噛ませてからトークンを出しカガリソーサレス等、ハンドと読み次第で細かい機微が変わってくるだろうが、うらら1枚で止まりにくくなるのは後攻でキルを狙いに行くBFとして有用なものだろうと私は思う。

 また、オライオンとも噛み合うので、どちらかがあればハンドオライオンは事故でなく展開リソースへと変貌する。

 逆に、ハリファイバーを排してくるうさぎやγが怖くなるため、このセットを使われるならこの辺を厚くするとよいだろう

 

展開例

セット+ヴァーユ

上記基本展開からヴァーユNSヴァーユカガリでハリファイバーSSEFスチームSS

トークンでシズクSSシズク針でソーサレスSSEFブラストSS

ブラストスチームでライキリSSトークンSSトークンリリーススチームSS

ヴァーユEFソハヤSSライキリEF2破壊スチソハヤでクリスタルSSトークンSS

ソーサレスライキリクリスタルトークン2破壊

 

セット+オライオン

基本展開からオライオンNS針SSスチームSS幻獣トークンSSシズクSS

ソーサレスSSEFヴァーユSSトークンスチームでノートSS800ダメトークンSS

ノートヴァーユでライキリSSトークンリリーススチームSSヴァーユEFホークジョーSSライキリEF2破壊

ソーサレススチームライキリホークジョー2破壊

 

セット+チューナー

基本展開からソーサレスまで

ソーサレスでハルマSSソーサレススチームでスカルデットSSトークンSS

トークンリリーススチームSSスチームハルマでチャンバラSSトークンSS

→スカルデット(2800)チャンバラ(2500+2700)トーク

 

セット+チューナー(先行)

基本展開からスチーム

スチーム閃刀トークンでアーデクトークンSS

→針トークン(相手ターンヴァルカン)アーデク

 

まとめ

4月制限も近づき、ゴウフウ禁止針制限の未来に戦々恐々している昨今だが、これ、オライオン単体、トロイメア等混ぜ物がしやすいカードが増えてきているので、針が禁止にならなければまだまだ余裕で戦える環境だろう

 

 

 

 

この辺規制するんだからスチーム戻してくれないかなぁ、3積みするのBFくらいでしょ...

オライオン出張セットについて

スチームを返して(本音)


と言っても、次にハリファイバーが規制に合い、暗黒時代に突入する可能性も高くまた意味をなさなくなるかもしれないが、とりあえずスチームの代用として検討したいのが、
幻獣機オライオンとサモンソーサレス
そして
大旆のヴァーユ
である。

アド取りカードが規制にあった以上ほかのアド取りカードを模索していかなければならず、今回自分の中でまとまった、というか考えついた展開をまとめてみた


ヴァーユとオライオン、思いの外机上論だとお互いの性質を喰い合わずに共存出来るカードなのではないかと考察し、とりあえず初動ヴァーユと現在採用基準にある特殊召喚できるBFが二体の計3枚があればどのような展開が出来るか考えていくと、どのカードからでも3枚ならライキリを絡めたワンキルが可能なのではという所に行き着いた

ヴァーユを複数枚採用したい、オライオン出張させる余裕がある、サモンソーサレス使いたいという人は参考にしてみてほしい

まず
ヴァーユns BFαss BFβssヴァーユと BFαで針ファイバーssefオライオンss針とオライオンでソーサレスss幻獣機トークンss
この時、αとβがゲイルが2枚という状況以外はスチームを特殊召喚する
ここまでが汎用ルート
そして場に残す、ここでは BFβのカードだが、優先度としては
ブラスト=クリス>オロシ>ハルマ=ガスト>ゲイル
となるだろう
上から順にルートを並べると
ブラストorクリス
パターンA
スチームブラストでライキリssトークンssリリーススチームssヴァーユefソハヤssライキリef2破壊クリスタルssトークンss
2破壊、場にクリスタルと余りのトークン2枚、8100打点
スカルデットを採用していれば、トークンを有効活用できるだろう
パターンB
スチーム幻獣トークンでノートssトークンssリリーススチームss
ブラストスチームでライキリssトークンss
トークソーサレスでスカルデットssヴァーユefソハヤssライキリef2破壊
800+1800+2400+2600+2800
スカルデット採用案だがノートがいるので更に BFを出すことも出来る、火力も高い、まぁヴァーユいなくてもよくね?案でもある

オロシ
スチーム幻獣機トークンでノートssトークンssノートオロシでライキリssトークンリリーススチームssヴァーユefホークジョーssライキリef2破壊
800+800+2400+2600+2600
念のためスチームを残したい場合でも1破壊となるがキル範疇
オロシはヴァーユ旋風で釣って来れる唯一のカードな為旋風でも同じ事が出来る

ハルマガスト
スチーム幻獣機トークンでノートssトークンssノートリリーススチームssスチームハルマでソハヤssトークンss
ソハヤトークトークンでライキリssヴァーユefホークジョーssライキリef1破壊
800+2400+2600+2600
ハルマはレベル調整すれば新しい道が拓けるかもしれないが、まだ考えてない

ゲイル
ゲイルのみ、ソーサレスの効果でスチームでなくオロシを出していく
ゲイルトークンでノートssノートオロシでライキリssヴァーユefホークssライキリef1破壊
800+2400+2400+2600
スチームを使わないという点、ゲイルはss制限がない点を鑑みるとハルマよりも評価が上がるかもしれない

所々のホークssは自分がチドリを採用していない為
チドリを採用するならホークよりチドリを出していくべきだろう

また、コーラルドラゴンを採用してるルートだと3破壊などを経由できるルートもある、本筋から外れ過ぎるので書かないが、採用者は考えてみていいものだと思う

あとライキリは出せないが、ヴァーユとブラストクリスは2枚でも出来る

その他頭をよぎったカード
ワンフォーワン・・・ヴァーユサーチだが消費がデカい
レッドリゾネーター・・・手札で腐る複数のヴァーユやピナーカ辺りを強引に出せる?
召喚権を使うのとサーチ出来ないのが辛いか?

年内に来季の考えを少しでもまとめたかったのでイマイチしっくりこない記事になったが、スチーム一枚でもなんとかなる事、出張パーツの考察の余地などを感じていただければ幸いである


BFにおけるエクストラ考察(ハリファイバー編)

 リンクブレインズパックがまもなく発売されるのでBFユーザー増加のためのエクストラ考察です。

 

水晶機巧クリストロン-ハリファイバー》 

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。


 今更言う事でもないですが、BFは(BFだけではないですが)こいつというエンジンを得てマスタールール4環境を生き抜く力を得ました

 今回はこんなハリファイバーを含めて選択肢に上がるエクストラカードをまとめます

 

リンクモンスター

・マスタールール下での必須要素、遊戯王パズルゲームにした。

・BFではエクストラ競争が激しいため、ハリ2枚まで確定としてその後は選択肢となる

優先度・高

リンク3

デコード・トーカー

 

 最初期のリンクモンスター、純粋にバンプ能力が高く、また、ハリファイバーから即座に繋げられる

 BF的には数多くのキルルートで使用されるカード、現状必須と言って差し支えない。

 ルートを覚えきれない、という場合でもハリからスチームをサーチするだけで28打点が出来上がる。

 隠された効果は守る分にはたまに使うが、攻める上では仮に手札誘発を握られていたとしても大凡使われているので出番は少ない。

 

優先度・中

リンク1

リンクスパイダー

 トークンから即座に繋げられる汎用リンクモンスター

 BF的には基本コイツがいないとゴウフウのトークンを余らせる事態になる

 当然こいつの絡むキルルートは多くあるし、スチームトークンを変換させてデコードに繋げる盤面も多々あるので余裕があるなら最優先で入れたい

 しかし、なくて致命的になる盤面というのが非常に少なく、ゴウフウにしても制限の為毎回登場するわけではないので、エクストラを尖らせると抜けてくるカードである

 

優先度・低

リンク4

ファイアウォールドラゴン

 キチガイリンクモンスター、ハリファイバーの展開力増加のおかげで少ないハンドで十分に効果を使えるようになった

 以前紹介したゴウフウ1枚をはじめ、朧影トークンを消化できるなど特にゴウフウと相性がいい

 盤面盤面で展開の要になったりならなかったりするので見極めが重要、BF的にはリンクに寄せるなら存分に活躍できるカードであろう

リンク3

サモンソーサレス

 最新月遊戯王の付録、ハリファイバーと似たような効果を持つ

 調整版ハリファイバーといえるカード、同種族モンスターという縛りは地味にネック

 考えられる要素として、幻獣機オライオンを1~2枚入れ、ハリからオライオンを出すと上手に使えるだろう

 メインをいじる点を考慮すると採用を躊躇うところがあるが、今後予想されるハリの規制や、こいつがいることでスチームブラストワンキルが成り立つ等、考察の余地が多いカード

 

シンクロモンスター

・リンクはあくまで展開の補助であり、シンクロはBFの花形、エクシーズ全盛期やリンク序盤はその総数が減ることはあったが、現在が間違いなくシンクロするBFで一番力がある時期だろう

・必須カードはライキリ、ホークジョー、ノートゥング、ソハヤ一枚

・ハリファイバーの第二の効果でシンクロチューナーを投入する選択肢が生まれ、一部のシンクロチューナーが持つ相手ターンシンクロを活かせるデッキとなった。

・そのた先行制圧に長けたコンボパーツを導入することが選択肢となった。

・今回はそのコンボパーツに重点を置いて紹介したいと思う

 

展開1

スチームがおらず、ハルマもしくはガストがある様なハンドだと、チューナーを含む三枚を使うが、

ハリ+スチーム、ハルマ

の盤面を作ることが出来る

その上で一番広く活躍できるシンクロセットが以下である。

また、揃わなくてもレベル2以下の非チューナーがあれば色々妨害できるので相手にターンを回すならハリ+レベル2以下の非チューナーの形を作っておくと良いだろう

TG・ワンダーマジシャン

レベル5のシンクロチューナー、相手ターンではメインフェイズのみシンクロできる

その他の効果として場の魔法罠を割らなければならない効果を持つ、要はハーピィの狩場

 こいつを出せると能動的に相手のフィールドを割っていけたりするので、展開の軸をフィールドに任せてるデッキには刺さるカード

 こいつから先行制圧で出せる手として挙げられるのが

・獣神ヴァルカン

・ブラックローズドラゴン

・水晶機巧・グリオンガンド

 

ブラックローズドラゴン

ご存知ぶっぱ竜、こいつの説明は必要ないと思うので割愛

ワンマジで出すならワンマジ+ハルマ(ガスト)等

後述するが、クオンダムで出すならクオンダム+はるま+トークンといったところか

展開力あるデッキだとフィールドを割る程度じゃだいたい止まらないので取り返しがつかなくなる前にぶっぱするのが吉

 

グリオンガンド

チューナーを複数使う珍しい縛りのSモンスター

効果はフィールド、墓地のモンスターを素材の数だけ除外できる

トリシュと違い対象を取るが、トリシュと違いタイミングを逃さないトリシュとは鏡合わせのようなカード

ワンマジで出すならワンマジ+スチーム+トーク

クオンダムで出すならクオンダム+スチーム+ハルマ

最低でも3枚除外できるため、ある程度展開させてから除去するといい感じに相手の動きを止められる

ハリファイバー登場時から騒がれていたグリガンだが、BFでも高確率で展開できるため是非ともデッキに入れたいカードである。

 

獣神ヴァルカン

 ブリューナクの後釜のようなカードだが、現状ではブリュより優秀といってもいいだろう

 S召喚成功時に自分と相手の表側表示カードを1枚戻すカード

 召喚権を使わないと展開できないデッキにはとてつもなく刺さるカード、自分のカードも戻すのでまぁ最低限の注意は必要だが

 ワンマジで出すなら、ワンマジ+トーク

 クオンダムで出すなら、クオンダム+ハルマ

 

展開2

クオンダムを使用するルート

 個人的におすすめするのがこのクオンダムルート、スチームから展開するなら断然こっち

 スチーム+何かからハリファイバーとトークン、そしてスチーム

 そしてそこから

レベル4

神光の宣告者

 こいつを出す

 BFで使える効果は2つ、恒常的にお互いのデッキ、手札から墓地に送られるカードを除外する効果と、SS2の相手効果全般をリリースすることで無効にする効果

 こいつを出す事によって、先行ハリ+アーデク+トーク

という盤面ができるのである

 これによりおろ埋、芝刈り等デッキを削るカードを腐らせ、(そも握ってたら使われているが)うさぎ増Gの使用を抑制(しかしうららは使えるのでさらに意味は薄れるが)し、ブラホを始めとする事故要素にも対応出来る

 こいつで事故妨害をしたあともワンマジに繋げれば、魔法罠破壊とバウンスの目を残せるので、ハンドスチームからは積極的に狙っていきたい盤面である。

 アーデクはあくまでパーツであるが、本来メインのキーカードはこちら

 

レベル4

水晶機巧クオンダム

 シンクロチューナー、メイン、バトルでS召喚できる

 グリガン使ったあとになら第二の効果を使うことも出来なくはないが、まぁ割愛

 本命は当然相手ターンにシンクロだろう

 先のアーデク盤面だと

ハリ(クオンダム)+アーデク+スチーム

こうなるが、このレベルの並びを見ると相当の人がこのモンスターを想起するだろう

 

レベル9

氷結界の龍・トリシューラ

 

 そうトリシュである。ブラロ以上に説明がいらないカードだが、ここにきてBFの選択肢に舞い戻ったのである。

 しかし、相手ターンにS召喚という過去にない状況で初めて知ったのだが、

 こいつ「時」のテキストをもつカードなのだ

 つまりSS2以降だとタイミングを逃す、相手の効果にチェーンして出すと27程度の雑魚バニラになるのだ

 これは結構ネックな要素で、展開されないギリギリのラインを考慮しないと効果が無駄になるというか、その都度効果発動するか聞いてくれるADSのような環境ならともかく、常に状況が流れるリアル卓だと思わぬプレイングミスを招く可能性が高いので注意されたし

 しかし、きちんと決まれば効果絶大で、ハンドリソースも奪いながら自分のターンに繋げられるので是非とも練習して、かつてのプレイヤーはトリシュの性能に懐かしさを覚えていってほしい

 

 シンクロモンスターに関しては、基本のBFシンクロを除くと大凡この辺が入ってくるのではないかと思う

 というのも、これは本当に個人的な意見なのだが、ハリファイバーを有したBFは「先行を積極的に取るべき」だと思っている。

 前述の展開ならば、壊獣がまあきついのだが広く相手の盤面を封じたままいくらかのモンスターとスチームの効果を残し、自身のターンを迎えられ、いくらか余裕のある手札で3ターン目に攻めることができる

 リンク環境前でも、オーガクリスタルのような状況を作り、環境上位の展開を止めることができていたし、現状ならさらに先行制圧を行える確率は上がっており、かつキル力も上昇しているため3ターン目で相手を仕留める理想形を作るのもそこまで難しくはないのではないだろうか

 

 まぁそれでも他にもいくつか選択肢はある、というか結局煮詰まる未来しか見えないから視野は広く持っていたほうがいいので、将来煮詰まったときようにいくつか候補を上げていきたい

レベル8

クリスタルウィングシンクロドラゴン

 現状でもシンクロの看板の一枚、出しても強いし出されるとうざい

 BF的にはいくらでも出しようがあるが、制圧展開の要素に組み込めなかったので除外

 シンクロ枠の聖域みたいなイメージがあるので余裕があったら入れるだろう

レベル7

 A BF-涙雨のチドリ

 僕はBFでもこのカードが一番好きです(憤慨)

 バンプ効果を利用したキルルートいくつも存在するが、いかんせんハリがいるとライキリを使いつつワンキルできるので抜けてしまうカード

 時たまカオスマックス等ゴリラ打点を見ると「ああ、チドリ欲しいな・・・」ってなる時もある、たまには高打点で殴るデッキが環境取らないかな・・・?

レベル5

 SR-チャンバライダー

 文の流れでこんな所に書いているけど、こいつは必須カード

 ハリからスチームを出すと、化学反応的にこいつがよく生まれる。

 前述のクオンダムをスチーム+トークンでS召喚するとそのままこいつに繋げられる

 数字にすると一枚で4600、打点を出すだけならコイツほど有用なカードはないだろう

 ただBF的に注意喚起したいのは、スチームが自身の効果で蘇生した場合、スチーム自身とスチームトークンはSできないって点だ

 チャンバラのSに限らず、スチーム蘇生の縛りはS召喚する盤面でネックになるからちゃんと理解しておいた方がいいだろう

レベル2

 フォーミュラ・シンクロン

 Sチューナー枠、1ドローが強い

 グリガントリシュをだす制圧ばかり考えているが、ブラストやクリスが場にいればヴァルカンに繋げることもでき、さらにスチームを残しておけばグリガンにもつながる

 採用見送りの理由としては、単純にハリ以外からでないこと、単体だとドローしかできないことである

 しかし針からでも最低限活躍できるので新しい発見がしたい場合や、手札誘発に全てを置いている人は採用を考慮すると別の境地が見えるかもしれない

 

エクシーズモンスター

 正直ほとんど採用する理由ないです。

 まぁそれでもいれるとすると

バグースカ

 くらいでしょうか

 制圧には使えますが、BF的に展開のパーツが主な役割のレベル4が2枚必要な時点であまり実用性がないと思えます

 

融合モンスター

ないです。

 

ペンデュラムモンスター

ないです。

 

 

総評

 一年前とは比べ物もつかない、また、数ヶ月前とも全然違うマスル4に振り回されるBFですが、その分リンク環境を一番楽しめるデッキなのではないかと思います。

 ハリファイバーの性能は突出しすぎていてすぐ規制されてしまうのではと思っていますが、考えられるうちで今が一番マスル4環境で楽しくBFで遊べる時期なのではとも思っています。

 今の環境でBFが勝つならば、先述の先行制圧だというのが僕の意見ですが、それは違うぞ、という方がいればどんなフィールドでもいいので自論を展開していってほしいものです。

 BFパーツはさほど高くないと思うので、興味を持った方が居ればBFというデッキに触りながら遊戯王を楽しんでくれることを願ってこの記事の締めとさせていただきます

 

 

 

曲芸的なゴウフウの使い方(10月版)

 水晶機功ハリファイバーなんてカードが登場したので、脳汁が洪水を起こしました。

 (コンマイ語解読が難解で最低な裁定になる可能性もありますが)一般的にはボウテンコウへのアクセスやグリオンガンド絶対出すマンみたいに騒がれてるようです

 もちろんBFでも様々な汎用ルートが今後考えられていくでしょうね

 それはそれとして実用性皆無のハリファイバー入りゴウフウ一枚キルルート、そしてちょっと前に思いついたけど結局それしか思いつかなかったハリファイバーなしのゴウフウスチームワンキルルートを自慰もとい供養もとい更新の材料にしたいと思い、まとめました、2ルートしかないですけど

 

 

その1 ゴウフウ1枚ワンキル

ゴウフウssトークン×2ss

トークン1でリンクリボー(リンスパ)ssトークン2ゴウフウでハリファイバーss

ハリefスチームssスチームハリでデコードssトークンss

トークンリリーススチームssスチームデコードでFWDssトークンssFWDefスチームをハンドに

リンクリでセキュアガードナーssFWDefスチームss

この時点のスチームは自身の制約を受けないのでトークンとシンクロ、フォノンドラゴンssトークンss

フォノンドラゴンとトークンでチャンバラss

1000+2200+2400+2500=8100

 

リンクリ(リンスパ)、ハリファイバー、デコード、FWD、セキュア、フォノン、チャンバラで7枚エクストラ消費

BF的に無理して入れるのがFWD、セキュア、フォノン、チャンバラなので余裕のある方はどうぞ

書いてて思ったんですが、これ召喚権余ってるんですしセキュア要らなくないですか?

 

 

その2 ゴウフウスチーム2枚ワンキル

 

ゴウフウssトークン×2ssスチームns

この時、スチームが左右どちらかのエクストラゾーンの下にあるようにする。

スチームのあるエクストラゾーンの逆のゾーンにリンスパAss下にリンスパBss

スチームのいるエクストラゾーンにアカシックマジシャンssefスチームバウンストークンss

ゴウフウトークンでノートゥングss800ダメノートゥングefスチームns

スチームアカシックでデコードssトークンssトークンリリーススチームss

スチームノートで鬼岩城ssトークンssトークンでリンスパCss

800+1000+3100+3300=8200

 

これはハリファイバーがどんな裁定しようと成立します。クサナギがくれば結構実用的かなーと

ゴウフウスチームのハリファイバー使うルートはなんか振り回されてる感じがあるので一旦最初の自分の考えを整理したいですね、もっと汎用性あるルートありそう

 

 改めて、BFのリンク環境での展開ルートが煮詰まってきたと思っていたところで革命的なカードが登場しました。

 ハリファイバーの裁定次第では今後実用性のあるルートは大きく変わると思いますし、それは他のBFユーザーがまとめてくださると思います。

 正直ゴウフウ一枚を超える面白そうな発想は今はないですが、2、3枚でエクストラリンクできたりする時代がくるかもしれません

 この記事のルートは実用性皆無ですが、ゴウフウについて知りたくてたどり着いたけどBF使ったことないなんて方がBFって面白そうなことができるんだなと思ってくれたなら幸いです。

 

 

BFにおけるエクストラ選択(リンク編)

リンク環境で3枚ワンキルが可能になったので初投稿です。

 

 マスルが新しくなり、従来のエクストラは完全に崩壊、BFにおいても新たな召喚方法、リンク召喚を取り入れ環境に食い込める事に期待を込めて数少ないリンクモンスターを考察しました。

 

リンク4

ファイアーウォールドラゴン

優先度・低

現状唯一のリンク4

正式名称覚えられない竜、効果は相互リンクするとフリチェバウンス等

現状リンク4はリンク召喚に寄せないことには実用性は薄く感じるが、その効果は非常に制圧力が高く将来性がある。

今後カードプールが揃っていけば凶悪になりそうな存在なので早いうちから揃えておくと良さそう。

 

リンク3

デコード・トーカー

優先度・高

一番最初に発表されたリンクモンスター、効果は自己バンプと対象に取る効果の無効

打点が上げやすく、対象に取る効果を無効にできる。最初にこんなやつだして将来へのインフレどうするんだってカード 

効果は優秀でゴウフウ一枚で出せる、また下方向にリンクマーカーが伸びているためこれ以降にもシンクロして制圧ワンキルにつなげられるので基準となりそうな一枚

欠点としては、効果モンスターでないとリンクできない点。ワンキル展開を考えていくとトークンでこいつをリンクできない盤面が多く、悔しい思いをすることとなった。

打点だけで見れば後述のガイアセイバーと大差がなく、ガイアセイバーの自由度が非常に高いため、個人的には現状優先度が中くらいになる。

 

ガイアセイバー

優先度・大

バニラリンク、26打点、モンスター2以上という自由度

こいつの唯一にして現状最高の利点として、トークンを素材にリンク召喚できること。

考えれば考えるほど、リンク召喚は下にマーカーの伸びてないカードが多く、ワンキルを想定するとそこが大きくネックになっていく。

リンクスパイダー使えばええやん、と自分も最初はそういう考えでこいつを選択肢にも入れなかったが、展開の過程でリンク2を経由してからリンクスパイダーを出す機会が非常に多く、そのリンク2が下方向にマーカーが伸びていないため、デコトに繋げられない盤面が多々あった。

それもスチームという特殊なオンリーワンカードが絡んだ動きを想定していたため、BFにおいてこそ輝くカードだろう

スチームにおいては後述

 

リンク2

プロキシー・ドラゴン

優先度・高

効果は覚えていないが、モンスター2体で出せる1400打点。

現状一番出しやすいであろうリンクモンスター

しかしこいつは縛りがゆるすぎて、コンマイが緩い条件で下方向マーカーを出さないんだろうと暗喩しているようにも思えるモンスター

とにかく展開のつなぎ、しかし下方向にマーカーが伸びていないためもどかしい思いをすることになるだろう。

1年くらいしたらインフレが加速して使われなくなりそうなカードである。

 

聖杯神楽・イヴ

優先度・低

テーマのあるリンクモンスターでは唯一出張できるカード。とりあえず1800打点

ほぼほぼ説明する要素がなく、打点が1800あることにしか注目していない。

リンク2で縛りが緩く、2000打点の出せるカードが出れば火力が劇的に変わるので、今後の基準になりそうという点ではこれも罪が重いカード

 

ミセス・レディエント

優先度・中

下方向に2つマーカーの伸びているカード、土縛り

下方向にマーカーが伸びているため、ゴウフウからの展開には積極的に展開に絡ませたいカード

欠点としたは、リンクスパイダーを経由しないといけないこと、リンクスパイダー2枚とこいつで3枚圧迫されるのは重すぎる。

今後のインフレ、さらには現状でもエクストラの兼ね合いによっては早々に消えそうなカードである。

 

リンク1

リンクスパイダー

優先度・高

BFにおいてはトークンで出すカード。1000打点

リンク展開の基礎、前述では3枚圧迫は重いといったが、こいつには2枠割きたくもなる。

デコトに繋げる、そのままワンキルのため展開のつなぎにもなる等大体リンクで展開を考えるとこいつが絡む

欠点はBFにおけるエンジンであるノートゥングが先に出ているとエクストラの絡む展開に繋げられないこと。ノートが邪魔ならスチームでどかせばいいんだけど。

 

外伝

BF-朧影のゴウフウ

現状唯一のBFの制限

これ一枚でデコト、ガイアセイバー、レディエント、蜘蛛+プロキシなど柔軟に使い分けられる

こいつから3枚ワンキルするのは多分いくつも√があるので割愛、ライキリとか使って相手のカード割りまくる√あれば教えてください。

 

BF-隠れ蓑のスチーム

今一番可能性を感じるBF

効果は

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/鳥獣族/攻 800/守1200
「BF-隠れ蓑のスチーム」の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分フィールドに「スチーム・トークン」(水族・風・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードをS素材とする場合、
他のS素材モンスターは全て「BF」モンスターでなければならない。

こいつがフィールドから墓地に行けばリンクスパイダーが出せる。

こいつでノートを出したらその後展開してノートをどかせる。

自己蘇生でプロキシー→トークン→ガイアセイバー

自己蘇生からソハヤ→墓地のABF釣ってパーフェクトオニマル等等・・・

二枚以上いれたくなるカードである。

欠点は自己の効果で特殊召喚できないこと。

それと攻撃力が800であること、攻撃力が800であること

こいつに攻撃力が801以上あればと昔から思ってきたことはあったがこの環境になって一番それが悔やまれる要素である。

 

そしてそのスチームを使ったワンキルがこちら

旋風を経由しないため、安定感がないので曲芸要素が強いが覚えておいて損はないはずだ。

ちったーでも挙げたけど文字数制限で説明省いていたので改めて

①ハンドスチームグラディウスリザードから

スチームNSグラディウスSSノートSS800バーン、トークン生成

ノート+トーク

ブリザNSグラ蘇生、ノートをリリースしスチーム自己蘇生

ブリグラスチトーク

スチームとトークンでプロキシ、さらにトークン生成、そのままガイアセイバー

ガイアセイバーは下マーカーあるのでそこにブリとグラでチャンバラ

800+2200+2400+2600=8000

 

②ハンドスチームブラストハルマから

スチームNSブラストSSハルマSS効果は使わない、スチとブラストでチドリSSトークン生成

ハルマチドリトーク

チドリリリースしてスチームSSトークンで蜘蛛SSハルマとスチームでソハヤSSEFでチドリ蘇生ソハヤとトークンでノートSS800バーン

この段階で墓地には、スチ、ハルマ、ブラスト、ソハヤがおり、チドリの効果で1200打点うp

800+1000+2400+3800=8000

 

②は最初ライキリ経由してどうにかできないかという試行錯誤から、雷切ではなくチドリでないと至れないというところにいきつき、個人的に一番好きなシンクロBFのチドリに確固たる役割を持たせられたのでお気に入りです。

みなさんもライキリをはさんで相手の場を割りながら3枚でワンキルできるなど相手のバックやモンスに左右されにくいワンキルがあれば是非とも教えていただけると幸いです。

 

 

BFにおけるエクストラ選択(2017年2月版)

最近マスルが新しくなるという噂もあるとのことで、現在のBFにおけるエクストラを考察してみた。

新ルールがどうなるかわからないけど今以上にエクストラを圧迫されないことを祈るばかりである。

 

シンクロ

☆12

A BF-神立のオニマル

評価点

 シンクロ唯一の無条件レベル12シンクロモンスター、効果破壊耐性とSモンスターのみをシンクロした場合6000打点になる能力を持つ。レベル変動効果は添え物

 

 主にノートゥング+瑚之龍で出す機会が多いか、またはソハヤ+ライキリチドリ

 効果破壊耐性は現環境だとそんな強くも感じないが、6k打点は中々に有能、ワンキルでも膠着状態でも出せる選択肢を覚えておけば頼りになるモンスター

 マスル変わると12000ライフになるとかないとかあるけれどどちらにせよ火力として必要になる枠だろう。レベル変動効果はクリスタルウィング出すくらいしか思いつかない。

 

☆0

アルティマヤ・ツィオルキン

 効果は魔法罠伏せるとSドラゴンをだせる

 クリスタルウィングの登場で一気に価値が高まったタクシー。BFでもABFのチューナー化やゴウフウデスのおかげで比較的出しやすい

 しかし別にこいつ出さなくてもクリスタルは出しやすいし、クリスタル以外にSドラゴンを必須枠で採用することはないので優先度は高くない。

 十二獣環境ではモルモメタにスタダ採用されることもあるらしいので選択肢に入れておいて損はないだろう。

 

☆10

神樹の守護者ー牙王

 効果はメイン2以外対象にならない。

 効果もそこそこ優秀だがどちらかといえば出しやすさで採用される。展開の都合で仕留めきれなかったら出して、簡易的な壁にすれば、相手に多少の無理は強いれるだろう。

 

☆9

氷結界の龍・トリシューラ

 効果は略

 シンクロの選択肢が増え、場のリソースが足りなくなりつつあるので昔よりは採用する理由が甘くなっている気がする。

 しかし未だ効果は暴れなので他で明確な採用基準がない場合は採用しておくべきだろう。

 個人的にはVFDの登場により、チューナー+二体以上の縛りが重いようにも感じるこの頃。

 

☆9

鬼岩

 効果はよく覚えてないけどなんか打点を上げるやつ

 縛りなし9シンクロ、VFDの素材。

 バンプしかないがむしろただ殴るならそれだけでよいのだと感じている。

 クサナギが登場すれば抜けていくのだろうが、ないものねだりになるしVFD採用ならチョウホウよりは優先できるだろう

 

☆9

チョウホウ

 効果は主に破壊された時にチューナーサーチ

 縛りなし9シンクロ2体目

 鬼岩城より採用基準が下がる理由としては、主に現状9SがVFDの素材でしかないこと、そしてVFDの出すタイミングが先行か後攻以降のメイン2であり、効果を活かすタイミングが少ないこと

 真竜を混ぜるのならこちらを採用する場合もあるので、投入するなら明確な理由を持っておこう。

 

☆8

クリスタルウィング。シンクロドラゴン

 効果はモンスター効果の発動を無効にして破壊

 多少出しにくいがBFではさして問題ではないので制圧モンスターとして必須レベルのモンスター

 使用に関しては他と大差ないので割愛

 

☆8

スターダスト・ドラゴン

 効果破壊メタ

 破壊効果が蔓延ると自然、投入される長期愛顧モンスター

 破壊効果が蔓延るならいれておこう(思考停止)

クリムゾン・ブレーダー

 高レベルメタ

 高レベ(ry

 高(ry

 

☆8

オーガドラグーン

 ハンドレスで魔法罠無効

 BFはインフレ環境に並べるほどのアド取得能力を持っていないため、しばしばハンドレスになることも多く、またオガドラの縛りにも抵触しないため使いやすいモンスター

 ステも高くとりあえず殴りたいならという盤面でも出していけるだろう。

 ゴウフウ数枚採用の場合は効果が腐る可能性があるため抜けてくこともある。

 

ベエルゼ

 戦闘効果破壊無効

 高打点高耐性で優秀なはずなのに採用されにくいのは環境がいかにインフレしているかの証左になるだろう

 しかしUCが禁止になった今なら案外長く場に居座れるのではないだろうか、ブリュがどれくらい採用されているかは知らないけれど。

 

☆7

ホークジョー、ライキリ、チドリ

 BF☆7トリオ

 採用しない理由はない、多分前記事に説明書いてたし、使用感覚はそんなに変わらない

 

ブラックローズ・ドラゴン

 盤面リセットドラゴン

 すかっとしたいときに

 

クリアウィングシンクロドラゴン

 タクシー採用する時は案外採用していて損はない

 また、ABFはチューナー化してしまい、☆7モンスターを展開の中に組み込む際にホークジョーを使用したくないとき等は☆7シンクロモンスターは一枚は欲しくなる場合がある。

 この時個人的に採用基準に当たるのはブラロかクリアウィングである

 

ファストドラゴン

 タクシー採用の時、もしくは真竜、SR混じりの時のみ

 効果は素クリアより強いと思う。その分風縛りがでかい

 混ぜもの構築がしっかりしていている人間なら自然と採用するのだろうが一応

 

☆6

ノートゥング

 説明なしで

 せいぜい1枚か2枚かの論争でしかなく入れてないなら現代BFではない

 エクストラがよっぽど圧迫されるか相当6Sが出しづらくなるかでないと2枚でいいだろう

 

 瑚之龍

 Sチューナー

 ハンド1:相手の場1と墓地に行ったとき1ドロー

 1枚は欲しい、抜ける理由があるなら相当6Sを出し辛いか、オニマルを出さないか

 

☆5

ソハヤ

 色々効果ある

 採用するなら二枚は欲しい。墓地BFや特殊な形のBFなら採用する価値は結構ある

 盤面ではタクシーやスタウォになり、一枚でも烏合無象でだしてからゲイルと合わせてクリスタルにもなる。以前より採用する理由は増えたと思う

 

チャンバライダー

 二回攻撃

 ワンキルパーツ

 採用基準は前記事に書いたとおりで特に変わらず

 抜く理由はほとんどない

 

エクシーズ

 ランク9

VFD

 真竜の新規エクシーズ、効果はフリチェで実質1ターンモンス効果無効

 比較的レベル9を揃えやすいBFにおいてはそれなりに採用する理由があり、相当な制圧力を持っている。

 今の環境ならできる限りこいつをターンの終わりに出して、制圧したまま勝ちきるのが理想的だが、やはりハンド次第になってしまう気がする

 クサナギがくればさらにアクセスしやすくなるだろうし今後にも機体ができるモンスター

 

別枠

セブンシンズ&アルティメットファルコン

 烏合無象セット

 次元障壁という規制されないであろう汎用罠がでている以上S一辺倒だと何もできなくなる盤面が増えてきているのが現状

 それを打開するのに必要なのがこのセットである

 二枚で4k打点、加え破壊耐性を持っているので枠がなくてもかつてのライトニングみたいに採用する必要があるだろう

 これが抜けるときは、新ルールで障壁が意味を成さなくなる時であるか

 

融合

 

スターヴヴェノム・フュージョンドラゴン

 闇2枚で出せる

 これも障壁メタ、ただし融合カード必須

 捕食植物を入れたり、置換融合を採用する場合なら入れるカードだが、いかんせん烏合無象の方が使いやすいためあまり評価は高くならない

 融合混じりのデッキならこれとワイアームを採用するといいだろう

 

ワイアーム

 トークン2体で出せる

 ゴウフウトークンを一番綺麗に使えているであろうカード

 この耐性は非常に優秀で、ゴウフウの枚数とエクストラの枠次第で採用すると場持ちがよくなにかと使いやすいカードだ

 

 

今の環境だとここまでのカードが個人的に採用に値するカードだと思う

4月からどうなるかわからないが、これからもBFが環境に一石投じられる存在であることを切に願うものである。 

 

 

壊獣BF(βその2)

 本格的に来日したので名前だけ一新した調整版を構築

 

f:id:kujibiki:20160914005434p:plain

 壊獣の数を半分近く減らし、古代的なBFの強さを表に出したのがコンセプト

以下解説

 

壊獣要素

海亀

 出張壊獣では一番汎用性が見込める壊獣。

 KYOUTOUさえ出ていれば自陣で制圧カードとなり、逆にKYOUTOU以外の盤面では打点の低さからお手軽除去として活躍できる

 KYOUTOU盤面で相手の場に出さざるを得ない状況だと邪魔だが、壊獣モンスターの中では相手の場に出しても処理が楽なモンスターであると言える。

 またレベルは8。打点が足りない盤面ではブリザゲイルから整体牙王に気軽に成り代われるのでこの二枚をシンクロ枠で採用した。

 

らでぃあん

 闇壊獣のため来日以前からBFではサタンクロースの代わりとして期待されていた壊獣

 打点は

28とゲイル単体では処理しきれない点は多少のデメリットだが、KYOUTOU下でトークンを生成できるのは火力の増加につながっている。

 ハンドがこいつで固まっている盤面は誘惑にしても、対面状況を作っても、そうそう腐ることは少ないので安定を取れるカードである。

 こいつ+オロシでスカラ。まさに決まれば強いカードで、相手の場の壊獣を処理するのも容易だ。

 

KYOUTOU

 前回と変わらない点は出せれば壊獣を活かせ、変更点としてはなくても壊獣を除去手段として使えばいいだけくらいに枚数を止めたので、引ければとりあえず相手に圧力をかけられるカードとなった。

 壊獣の知名度が増加したからか、壊獣の心臓であるこいつを処理しようとこぞってコズミックサイクロンを筆頭とした除去カードを消費させられるようになった。

 んなので仮にハンドに壊獣が揃っていなくともとりあえず発動させればサイク誘発、時間が経てばコズミックを勝手に消費してくれる素敵カード

 2戦目以降のメタカードにも圧力をかけられかつ、メタり切られなければ壊獣を補充し続けられる今回一のパワーカードなので思考停止でぶっぱしていきたい。あまったらツイツイの餌にでも。

 

妨げられた壊獣の眠り

 全体モンス除去の優秀なカードなのだが、ss制限下、または壊獣がいる盤面では発動できないカードなので3枚はなしに

 今回は2種類しか採用していないないため使いづらく、2種なら別のカードを増やすか、デッキ枚数を圧縮したほうが安定しそうである。今後は要検討のカード

 

(不採用)壊獣出現記録

 KYOUTOUをサーチできるのは魅力的だが、壊獣の種類が少ないため見送った。壊獣モンスの枚数を増やすなら選択肢には入れていきたい。

 

壊獣捕獲大作戦

 相手に割らせれば2ドロー、また相手の怪獣を裏守備に、と派手派手しい効果だが、怪獣の枚数を減らしたのでピンに

 相手に手の内が割れていないならそれだけでアドは取れるし、割れていればバックが割りづらくなるが、あくまで有利な状況で詰んでいくカードであるといえる

 やはり壊獣を増やすならこのカードも増やして行きたい

 

マクロコスモス

 比較的多くのデッキに嫌われるメタカードをメインに

スケールが揃っていればP召喚に問題がないのがクソ。ルールが性に合わないのでデッキ単位で反逆したい。

 青眼彼岸カエルあたりに嫌なな顔を強いれる。KOZMOにも効くのかは今後覚えていかなければならない。

 

 その他は従来通りや前回と同様。シュラギミックは別の人の記事を参照してもらいたい。

 とりあえずの大きな改善点としては、壊獣二種だけでは動きづらいという点に尽きる。

 壊獣を増やすと中途半端なデッキになり、逆にBFも現状だとチューナーが少ないようにも感じる。

 召喚権の奪い合いになるが、オロシの枚数や、ゴウフウピンも選択肢としてはありだと感じているので改善していきたい